相続放棄

相続放棄とは、家庭裁判所に対し相続人たる地位を放棄すると申述することです。これによりその相続人は最初から相続人でなかったことになりますから、被相続人(亡くなった人)の預貯金や不動産などのプラスの財産のみならず、マイナスの財産である債務も含めた全ての遺産を相続しないこととなります。

有効な相続放棄をするには、ただ「放棄しました」などと言ってもダメで、必ず家庭裁判所に「相続放棄申述書」という書面を提出して行う必要があります。

 

このように、相続人にとって酷な結果を防ぐために認められたシステムが、相続放棄です。

 

相続放棄については、相続放棄に特化した姉妹ページ、「東京・池袋相続放棄相談センター」をご覧ください。


→東京・池袋相続放棄相談センター

▲このページのトップに戻る