特別受益

特別受益の意義

相続人が複数いる場合に、その相続人の一部の者が生前に贈与を受けていたり、婚姻の時に持参金・支度金・新居等を与えられていた場合、または遺贈を受けたような場合に、相続人間の公平を期すために、被相続人からもらった財産特別受益)を考慮するのが特別受益の持ち戻しの制度です。

 

特別受益があるときの各相続人の具体的相続額の計算方法

イ  特別受益者以外の相続人の相続額

   (相続時の遺産総額+特別受益の額)×法定相続の割合

ロ  特別受益者の相続額

   イで計算された特別受益者以外の相続人の相続額−特別受益の額

 

具体例

例えば、被相続人の遺産の総額が1,000万円、相続人が甲・乙・丙の3人の子供のみの場合で、甲が婚姻時の持参金として200万円をもらっていた場合、遺産総額1,000万円と事前に贈与された200万円の合計1,200万円を相続分を算定する基準の額として仮に定めます。

すると、乙・丙の具体的相続分は、1,200万円×1/3=400万円

甲については、生前に200万円もらっているので具体的相続分は、400万円−200万円=200万円

となります。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

▲このページのトップに戻る