相続人の調査と確定

相続人の調査と確定

相続人とは、法律によって被相続人の財産法上の地位を承継する人です。相続人を確定するには、まず、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの除籍謄本・改製原戸籍・戸籍謄本等を取り寄せて、相続人を確定します。

被相続人(亡くなった方)の配偶者は、常に相続人となります。第一順位は、子またはその代襲者・再代襲者などです。第二順位は直系血族のうちもっとも血のつながりが近い者です。第三順位は兄弟姉妹又はその代襲者です。

相続人が確定していないと、登記や預貯金について、金融機関や法務局での名義変更はできません。

遺産分割協議も相続人全員でする必要があるため、相続人の調査がされていない遺産分割協議は無効になるおそれがあります。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

▲このページのトップに戻る