相続分

法定相続分(遺言がない場合の相続)

法定相続分は、遺言によって相続分が指定されていない場合に適用されます。

 

子と配偶者がいる場合は、子2分の1、配偶者2分の1の割合で相続します。

配偶者が死亡している場合は子が全部相続します。

 

子が無く配偶者と父母がいる場合は、配偶者が3分の2,父母が3分の1の割合で相続します。

配偶者が死亡している場合は父母が全部相続します。

 

子もなく父母もいない場合は、配偶者が4分の3,兄弟姉妹が4分の1の割合で相続します。

配偶者が死亡している場合は、兄弟姉妹が全部相続します。

 

子の中に嫡出子と非嫡出子がいる場合、非嫡出子の法定相続分は、嫡出子の2分の1です。

兄弟姉妹が数人いてその中の一人が死亡した場合に、その者と父又は母の一方のみが同じという兄弟の法定相続分は、父母を同じくする兄弟の2分の1です。 

 

指定相続分(遺言がある場合の相続)

被相続人は、遺留分の規定に反しない限り、遺言により、法定相続分と異なる共同相続人の相続分を指定することができます。被相続人が遺言で相続分を指定したときは、法定相続分に優先します。

遺留分を侵害している遺言も無効というわけではなく、遺留分を侵害された者からの請求により減殺されるにすぎません。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

▲このページのトップに戻る